必要な言語について

プログラマを志したら、まずは言語の勉強から始まります。
言語が出来ないと、何も出来ませんから、まずは言語の勉強から始まります。

言語の中には、一般的によく知られているC言語やjavaがあります。コンピュータに縁遠い人でも、これらの名前は聞いたことがあるという人も多いようです。C言語もjavaも、どちらもプログラムの言語です。
このように基本となる言語はもちろん勉強が必要ですし、勉強の後は実際に使ってプログラムが出来なくてはいけません。

これは経験で培うしかありません。よりたくさんプログラムした人が、プログラマに近づくと考えて良いでしょう。
そして言語も年々進化をします。新しい言語が登場します。
今まで主流だった言語より、より使いやすい便利な言語がある日突然登場するのも面白いところです。
最近ではpythonという言語もよく使われるようになりました。

使用したことはなくても、名前は聞いたことがあるという人もいるかもしれません。
このpythonの特徴は、可読性が高くなるように設計されていると言われています。今まで主流だったC言語に比べて、より少ないコード行数でプログラムを表現できるのが魅力だそうです。

また様々な規模のプログラムをクリアに書けるように、多くのコードが提供されているところも魅力の一つかもしれません。
使い慣れるまでは大変かもしれませんが、使いこなすととても便利な言語とも言えます。
これからプログラマを目指す人は、勉強しておくと良いかもしれません。
学校で習わなかった人は、インターネットサイトを利用したり、また本などもたくさん出ていますので、自分に合った方法で勉強すると良いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です